ひげ侍、古都へのぼるの巻。その弐

京都に行ってまいりました。
その壱の続き。
SHIN
この人が店主のShin氏。
カメラの前では少々かわいい顔をしているが…。
店内はこんな感じ。
SHIN
といってもあんまり写ってない。
実際は20畳程度のこじんまりとしたスペースにアンティーク家具がずらっと並べてある。
ヨーロッパの古い民家風な店内。かなりいい感じ。
左側の方はお客さんで広島生まれの英語の先生だそうだ。
京都の高校に勤めてるらしいが、彼女が始めて店に入ってきた時「こんな店によく一人で入れたな。」みたいな話で盛り上がった。
料理はいつもながらうまい!
写真をとる前に食べてしまったので写真はありませんが、この創作フランス料理はとりあえずここでしか味わえないので、毎度足を運ぶわけだが。
ランチも1000円以内(960円?)とリーズナブル。
いや、マジで、知り合いじゃなくても来ますよこの店。
太秦映画村が近いので、芸能人も御用達の店らしい。
世に言う火サスの京都で殺人事件が起きるときにの食事シーンも手がけたが儲からないのでやめたらしい。
野際洋子がよくくるって。
平日は近所のマダームとOLがこぞってくるらしいが、この日はCLOSEの看板。
なんで?と聞くと、めんどくさくなったからだそうだ。
気ままな感じで少々不安を覚える。
SHIN
ここの名物、チーズケーキ!
これも、ばりうま!
実際、”東京伊勢丹”から、出店のオファーがあったほどのうまさ。
上にはカラメルがとろ~り、甘すぎず、癖がないので男の私にも。
いやほんと、女の子にはすごい人気らしい!
しかしながら、製法が店主のみしかわからず、大量生産ができないので”東京伊勢丹”は断ったそうだ。
現在、数量限定でこのチーズケーキをネット販売しようと計画中。
一応、「しんさんのチーズケーキ」という名前があるらしい。
隠れた名店気取りだが、実際お客さんに聞くとかなり繁盛しているとのこと。
気取りではなく、ほんとに隠れてるんだけどね。
つづく。
※一応、店舗情報↓
——————————————–
Kitchen Studio Shin
営業時間 ランチ 11:30~14:00(気まま)
       ディナー 17:00~22:00
定休日 火曜日
〒616-8165
京都市左京区太秦桂ヶ原町17
TEL/FAX 075-862-9188
地図は前記事参照。

カテゴリー: KYOTO REPORT パーマリンク

ひげ侍、古都へのぼるの巻。その弐 への1件のフィードバック

  1. 栂・美木多 のコメント:

    このかたが噂に聞いた京都でお店をやっている方ですね。
    写真から判断してもチーズケーキはかなりうまそうです。昔は今はやりのカフェ巡りとやらをよくしたものですが、ここは一度行って見ます。(仕事中に行くかも?)行ってもおとなしくキョロキョロしとこ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です