Appleがインテルと組む日。

Apple Switching To Intel Chips In 2006
ここ10年ぐらい気になってるニュースというか噂がだんだん現実身を帯びてきやした。
Appleはずっと68Kを経てPowerPCベースと呼ばれるCPU(コンピューターの心臓部)を何十年と使ってきた。MOTOROLA、IBMの手をかり60x、7xx、G3,G4、G5とその性能を上げてきたが….。
インテルはx86系と呼ばれるCPUをずっと供給しWindowsとも仲良し。
インテルベースで動作可能なのMAC OSも完成しているうわさもあるが、あえて、ハードとソフトとも自社で完結させる方針だけは変えてこなかったはずなのだけれど…。
たとえるならばTOYOTAが日産製のエンジンに切り替えるようなイメージ?
2006年から順じ移行していくような報道がされているようだが、果たしてガセかはたまた波乱が起きるか!。
ま、インテルベースと言えどチップセットは独自開発する気なのかもしれないが、DOS/V規格に移行するとなると、VAIO xx with MAC OS Xナーんて事にも。
てっきりPS3に搭載されるPowerPC 互換のCELLチップを使うように思えていたが、
どうやら自体は予想できない方へ動き始めた様相である。
今後か不安な感じで…。
Appleもソフト会社、OS会社への巣立ちの時期なのかもしれない。

カテゴリー: ニュース速報 パーマリンク

Appleがインテルと組む日。 への2件のフィードバック

  1. Gon のコメント:

    IBMも台所事情があまりよくないから、PowerPCプロセッサの開発にあまりリソースを割けないかもしれないな。
    となるとWintel陣営に、差をつけられっぱなしということになり得るかも…
    x86なMACも興味があるけど、OSのパッケージ買ってきて、ちょいとインストールできるMACというのもなぁ。
    やるならIntelよりAMDと組んで欲しい。
    お!アーキテクチャ的にはコードモーフィングなTransmetaという手がいいぞ!Transmeta起死回生!どーしてるんだろ?

  2. ひげ侍 のコメント:

    かなり衝撃的ですが、現実になったようです。
    Adobe + Macromediaしかり、コンピューター業界も
    再編の大波が…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です