地球寒冷化の話はどこに行ったのか?

私が幼かった頃の噂。
●口裂け女に「ポマードポマード」と言うと逃げていく。
●テレビのUチャンネル(ダイヤル式テレビのね)を深夜にクルクルしてるとお化けが見える。
●20世紀梨が21世紀梨に改名される。
●UFOが降りてきて宇宙人と戦争してみんな死ぬ。
●1999年に世界の終わりが来てみんな死ぬ。
●フロンガスのせいでオゾン層がなくなってみんな皮膚がんで死ぬ。
●核戦争でみんな死ぬ。
●21世紀始めには石油が枯渇。みんな死ぬ。
●地球は氷河期の周期なので地球寒冷化してみんな死ぬ。
etc…
と1980年代から90年代にかけて物騒な話が多かったが。
なのに今では…。
「温暖化防止!CO2削減!ECO!ECO!ECOLOGY!」
「車の排ガスって最低よね~」
「待機電力は悪よ!リモコンが使えない?そんなの竹定規でスイッチオンよ!」
「エアコンの設定温度は28度!クールビズ?ふんどしは涼しいわよ!」
てな具合に地球温暖化音頭真っ盛りである。
で、悪の権化、二酸化炭素減らすのよ!てな具合で高いECO商品買わされる。
成金かぶれ(せれぶ?)はエコバックを持って排気量3000CCの4輪駆動車で排ガスを撒き散らしながら町を闊歩するわけです。
でもね、二酸化炭素による温室効果ガス説はあくまでも説です。
20年以上前に氷河期が来るって思ってた人はさぞかし暑い思いをしてる事でしょう。
地球寒冷化も説だったんだけどね。
実際のところ、経済界も動かすぐらいのブームな感じじゃないの?
太陽黒点の増加に伴い水蒸気の増加で温暖化しているって説もあるし。
太古は今より暑かったわけだし。
ま、石油は有限っぽいからその辺りの技術革新には期待しますけど。
ちなみに北極の氷河が溶けても海水面は上がりません。
だって、水より氷の方が体積が大きいから、溶ければ海水面が下がるはず。
古館一郎氏にはその辺を勉強してもらいたいな~。

カテゴリー: 評論などなど パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です