忘れた頃の呉

思い出したので…。
去る、3月。
半年前の記録ですが、広島県の海上自衛隊基地、呉地方隊に行ってきました。
DSC_0844.jpg
まだ、海沿いは風がチョー冷たい。
上の写真は偶然停泊していたイージス艦「あたご」
DSC_0851.jpg
今回乗せてもらったのは海自の練習艦「かしま」
一回やってみたかったので。
若干ハゲ気味に見えますが、このころは長かった髪を後ろ手に結ってましたのです。え?
DSC_0892.jpg
対空・対水上用 オート・メラーラ 76 mm 砲
すごいでかい。
DSC_0883.jpg
高性能20mm多銃身機関砲(CIWS)いわいるガトリング砲。
追尾してミサイルなんかを狙撃できるらしい。
で、艦内を色々見てたらお腹が痛くなってきて、艦内のトイレを特別に借りました。
でも、男子便所は清掃らしく女子トイレに誘導された。
便器は意外なことに洋式。しかもウォシュレット付きのほんわか便座。
「うっす」と一息付いていると、便所のドアに張り紙が…。
DSC_0897.jpg
「奴隷になるということは自由を奪われなるということではない。隷属というのは、他のものに対して寛容になるということなのだよ」
ケフナ
と書いてある。以前調べたときはSM小説の一文と思ったが、いったい何故に便所のドアに?しかも女子トイレに?
女性自衛官はマゾ基質になれということなのか?なんとなくキリスト教のなにかなのか?哲学者の言葉なのか?謎は尽きない…。
DSC_0916.jpg
停泊していた潜水艦
DSC_0931.jpg
かなり大迫力で、新鮮だったと記憶しているがなにせ半年前なもんで…。
あ、で何でも質問OKと言ってた女性自衛官に意地悪質問
私:「なんで自衛隊は空母をつくらないの?」
自衛官:「えーそれはー政治的な意向がありまして、一兵卒の私にはとても…。」
だそうです。
追記
ありました。SM小説。「私の奴隷になりなさい」
「奴隷になるということは自由を奪われるということではない。隷属というのは、他のものに対して寛容になるということなのだよ」(191頁)だそうで。
アマゾンのレビューには
「マゾは、誰に対してもマゾなのではない。マゾは、自分が主と認めた人間の前でだけマゾになれる。それは、現実のSMを体験した人間なら誰でも知っている事実だ。」だそうです。

カテゴリー: 基地に行ったよ パーマリンク

忘れた頃の呉 への3件のフィードバック

  1. もなこ のコメント:

    ゲーハーという言葉に反応してしまいました。

  2. いも のコメント:

    海軍旗て迫力があり過ぎてちょっと怖い~と思ってたんを思い出しました。
    見ようによっては“日本パンパカパーン”なハイな感じもしなくもないですが。
    なんで丸が旗の中心にないのだろう…て旗の話ばっかですみません。
    ロン毛ひげ侍懐かしい!

  3. ひげ のコメント:

    >いもちゃん
    日章旗、日い出る場所の旗。
    海自の旗は旧海軍のものなんで、
    まさに“パンパカパーン”なんでしょうね~
    で、なぜか朝日新聞の社旗も日章旗。
    日本嫌いなのに…。そこにはいろんな事実が!
    >もなこさん
    ゲーハーではないですよ。ゲーハーでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です