ばあちゃんと遊ぼう

R0010263.jpg
今年90歳になった祖母。
耳は遠いが妙に元気。動ける卒寿。
最近ボケる技(いろんな意味で)に磨きがかかった私の笑いの師匠であり、しゃべりのプロである。
デザイン関係も彼女の影響を多段に受けているわたし。
大正時代からの歴史史の生きる証人でもあります。
うちの母親と三人旅。一緒にいとこの結婚式出席のために上京。
でもま〜大変。近代化の大都市に老人たちがそぐわないことそぐわないこと。
式の前日入りしたのでとりあえず浅草寺でショッピンング。
祖母は終始ご機嫌で、境内前の雷門前でポーズをきめて写真を撮っていると、知らない人がいっぱい集まってきて、
「すいません!もう一回さっきのポーズで!」だと。
カメラに囲まれた祖母がボソリ。
「明日のテレビに出てたらどうしよう?」
とずっとブツブツ言っていた。
いや、スチールだから。テレビには出ないよ…。たぶん…。
いや、二人ともthe Japanのお嬢様育ちで、びっくりするほど…。
ホテルのバスルームなんてどうやって使うのかわからなくて、結局、風呂から上がるまで、熱い!と言われてじゃ口調整。便座から指示を送る始末…。
まあ、式は平然と終わったものの、カメラ係を仰せつかった私は、ばたばた走り回ってる。なれない雰囲気に不安な二人は私を探しまわってる始末。
でも、優先席ってのは使えますね!
老人は老人の武器を持っている。
彼女曰く、おいしいものを一杯食べたのでいつでもお迎えにきてもいいそうです。
といいながら、「一生もの」にこだわる人なんです。「一生もの」って…。ばあちゃん…。
周りは「100歳万歳」にでるまでがんばれと行っておりますが、それも夢ではなさそうですよ。
生前に出しとかないと秘蔵になりそうなので一応、公開っと。
おばーちゃーん、あのときの写真はテレビじゃなくてインターネットに出てるよ〜
R0010421_2.jpg
ちなみにこの日の主役のいとこです。ばあちゃんのの孫です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ばあちゃんと遊ぼう への2件のフィードバック

  1. お馬 のコメント:

    なんじゃ、こっちにきとったんかいな。

  2. ひげ のコメント:

    >お馬さん
    仕事で私のみとんぼ返りでした。
    またゆっくりよりまーす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です