TPPのバカバカしさ

最近増税、原発処理、他に超ホットな話題「TPP参加議論」

報道や国会で騒いでいるけど、結局のところ何なんだろう?

とちょっと調べてみた。
簡単にいえばTPPとは下記の内容について、関税を加盟国間では撤廃すること。
加盟国はシンガポール・ニュージーランド・チリ・ブルネイ・アメリカ・オーストラリア・ペルー・ベトナム・タイ

1.物品市場アクセス
2.原産地規則
3.貿易円滑化
4.SPS(衛生植物検疫)
5.TBT(貿易の技術的障害)
6.貿易救済(セーフガード等)
7.政府調達
8.知的財産
9.競争政策
10.越境サービス貿易
11.商用関係者の移動
12.金融サービス
13.電気通信サービス
14.電子商取引
15.投資
16.環境
17.労働
18.制度的事項
19.紛争解決
20.協力
21.分野横断的事項

国家戦略室 – 政策 – 包括的経済連携
http://www.npu.go.jp/policy/policy08/index.html

ここを見るとTPPの現状を日本が把握していないことが見て取れる。
というのもTPPの内容は参加していない国には公開されていない。
知りたければ加盟しなさいとアメリカンさんは云ってるわけです。

一般的には加盟国9カ国の間で輸出入時にかかっいる関税を撤廃しあい、お互いの商品の流通を良くしましょうと言っているだけですが、そこにも日本が入らないとやばいんじゃね?てな話です。
でも、TPPの内容がわからない。国や政府も分かっていない。だって、参加しないとおしえねーって言われてるんだから。

もしかしたらそんな事やあんな事になるからヤバい!だったらTPP参加賛成!
あほか!もしかしたらあんな事してしまうとソッチの方がやばいだろ!TPP反対!

でもさー、参加表明しても9カ国全部がOK出さないとダメなんでしょ?
あとアメリカがOK出すには議会の承認もいるので3ヶ月かかるんでしょ?
今まさにTPP交渉は9カ国の中で決まっていてすでに半分以上も決まってるんでしょ?
9カ国は今まさに交渉真っ只中。来年二月に例えTPPに加盟できたとしても、日本の条件を言えるのは全体の1割程度、しかも日本に有利な交渉ができるかどうかも微妙でしょ。

マスコミも、議員も自分のクライアント(医師会、農協、保険会社)などが反対してるから反対!
輸出業は(中小特に)賛成!

賛成反対も正直ないよ。たいして来てほしいって誘われてもないのに、入りたいってどうよ?
ルールのわからんゲームにいきなり入ってどうするのやら。。。。

そんな事やらずに、円高対策しろ!こそ日銀!糞民主!
円が高いんだから、輪転機回して円をすって、海外の油田でも会社でも買えよ!
強い円を使って国内の大手の企業と組んで共同出資、Appleやら、googleやらを日本企業にするんだ!
油田も買っちゃえ!ギリシャのエーゲ海あたりも買っちゃえー!
そのほうがアメリカが云うこと聞いてくれるかもしれんの。
今の日本の爺さん連中はほんと知恵絵がない。。。。

テレビもだけど、政治家自身も想像で議論しているのを見てると、痛々しい。。。。

輸出産業の日本占めるGDPは11.4%。
なんでモメるかは、今まで税金突っ込んで保護政策で守ってきた産業が反対してるだけ。
そもそもTPPには例外を作ってもらえない仕組みらしいので、日本が例外をだしたところで誰も賛成してくれない。
多分賛成であろうと反対であろうと日本の都合とかじゃなく、TPPには入れないでしょう。
入ってもメリットないですし。。。
そうでしょ?
それでも、野田総理は参加と言っておりますが、このひと、きっと意味わかってないですよ。
鳩が沖縄問題で意味なくアメリカを怒らせて、菅が原発を破壊して迷惑かけて、野田は苦笑いでアメリカに手を振る。民主党はバカの集まりか?

TPPってなに?って聞かれたら大統領選が近い、リーマンショック後、支持率の下がりつづけているオバマ大統領の選挙対策で、大不況で失業者が多いので、アメリカの輸出産業を拡大したい!って言ったから決めたものです。要するにアメリカ製品を買ってもらうキャンペーンです。これでアメリカが儲かれば、失業率も減り、オバマの人気も急上昇です!と答えるのが正解です。
といえばわかりやすいのに

ときはまさに第二次世界大戦前の食料、エネルギー取引でアメリカがアジア各国に小麦を売りつけようしている時と似てるよなー

カテゴリー: つれづれづれづれ, ひげ博士 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です