日別アーカイブ: 2012年1月7日

フォースと共にあらんことを

The Force: Volkswagen Commercial

こんな子供まで暗黒面に落ちるとは。。。

かわいい。
オチが良い。

カテゴリー: つれづれづれづれ | コメントする

Android うんこ育成シミュレーション

うんこ育成シミュレーション

Android2.2以降

ソフト紹介

うんこ育成シミュレーターは、リアルタイムにうんこの育成を楽しむことができるシミュレーションゲームです。このゲームは1998年に世界初のうんこ育成ソフトとしてセンセーショナルなデビューを飾ってからも常に改良の手が加えられ、現在では数多くのライバルが登場する中にありながらも名実共にトップクラスのうんこ育成ソフトとして世界で認められるまでに成長しました。 最新のVersion 5.xでは、モバイルに対応しいつでもどこでもうんこと触れあうことができるようになったのはもちろんのこと、タッチインターフェイス採用によりよりダイレクトなうんことのインタラクションを実現しています。

さあ、あなたもスマートフォンやタブレットでリアルなうんこ育成体験をしてみませんか?

—————-
概要
—————-

・うんこの誕生

ソフトを最初に起動すると、うんこの名前入力が求められます。ここであなたがこれから育てるうんこの名前を決定してください。名前を入力してOKを押すと、画面にうんこが表示されます(夜の場合は暗くて見づらいかもしれません)。あなたの育てるうんこの誕生です。

・うんこは生きている

うんこは生きています。うんこは我々と同じように、1年365日の時間を過ごしています。たとえあなたが一旦このソフトを終了しても、うんこは見えないところで成長を続けています(この間、端末の電池は消費しませんのでどうぞご安心ください)。愛情をかけて大切に育てれば、うんこはどんどん大きく成長し、それに従い身体能力も向上するでしょう。

・うんこを育てる

うんこを育てる基本は、食事を与えることです。画面下の食事メニューから食べ物を選び、うんこの中心まで運んであげましょう。うまく食べさせることができると、だんだんとうんこが満たされていきます。うんこの変化は食べるものに大きく左右されますので、くれぐれも栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。何度か食事をして、うんこが立派な巻きフンになったら、おなかがいっぱいになった証拠です。食事は1日3~5回が目安です。

・うんことコミュニケーションをとる

あなたは、直接うんこにタッチすることでうんことコミュニケーションをとることができます。あまり長い間放っておくと寂しがりますので、時々相手をしてあげましょう。
うんこは撫でたり、左右に回したり、上下に引っ張って形を整えることができます。うんこは触られると喜びますが、あまり触るとうんこの成長の妨げになることもあります。
うんこをタップすると、うんこをつつくことができます。うんこはつつかれると喜びますが、あまりつつくと怒ってしまいます。

・うんこを室内で飼う

うんこは最初屋外にいますが、室内で飼うこともできます。移動メニューから室内を選択すると、うんこを室内に移動することができます。屋外で飼ったほうが健康のためにはよいのですが、屋内は気候の影響をうけにくく、安心して育てられるというメリットがあります。

・うんこを観察する

うんこはうまく育てないと、知らないうちに寂しがったり、病気になってしまうこともあります。時々観察メニューの中の観察を選択し、うんこの状態をチェックするようにしましょう。
観察メニューの写真をタッチすると、うんこの写真を撮ることができます。こうしてうんこの成長記録を残すこともまた楽しいものです。撮った写真は外部メモリのUnkoフォルダに保存され、Androidのギャラリー等を使って後から見ることができます。

・うんこをしつける

うんこがうまく育てられるようになったら、うんこに芸を仕込むのもよいでしょう。
うんこに芸をさせるためには、まずうんこに触れないようにうんこの周辺でジェスチャーを入力して芸の種類を指定します。生まれたばかりのうんこでも、ちゃんと教えれば横移動、回転くらいの芸はできるものです。

[ジェスチャー一覧]
横移動:左、もしくは右にフリック
回転:左右に擦る

※以下の動作はうんこが成長するに従い徐々に身についていくはずです。うんこが自分からいつもと違う動きをしていないか注意深く見守りましょう。

ジャンプ:ダブルタップ
縮小:ロングタップ
大型化:画面中を大きく擦る
うねり:上下に擦る
逆立ち:上から下にフリック
伸び:下から上にフリック

芸を指定したら、うんこの周りをタップ。これが芸をスタートする合図になります。最初は失敗することも多いかもしれませんが、心配する必要はありません。練習を繰り返せば、うんこもどんどんとコツを掴むはずです。どうしてもうまくいかないときは、他の飼い主に教わるのもいいでしょう。
うんこは世間で思われている以上に器用なもの。複数ジェスチャーを入力してからタップすることでの組み合わせ技や、芸の最中に次の芸を入力して華麗な連続技をキメることだって。アクロバティックな芸も難なく決まるようになる頃には、飼い主であるあなたとうんこの心は深い絆で結ばれていることでしょう。

だそうです。

カテゴリー: つれづれづれづれ | コメントする