日別アーカイブ: 2012年1月15日

今できる日本を危機から救う政治判断(私的持論) 経済編

正直、世界情勢を見ているとまだ、致命傷とまではいっていないとも言えなくはない。
北米を始め、ヨーロッパ圏、中東、東南アジア、ロシアは経済で疲弊してるのも事実。
最近一人勝ちの中国はバブルがはじけ始めている始末。

今の日本。経済、外交、国防、国政どれをとっても「いい!」とは言えない昨今。
どうしたら良いものか?
個人で嘯いていても意味はないが、政府が出来ることを私的な観点から羅列してみます。

経済問題

国債連発で借金まみれと言われながら、未だに円高基調。
仕事は減り続け、倒産する会社続出。
福祉は口だけ厚く、増税路線。
民主はアホの巣窟なのは分かっているが、何を今するべきか?

それは、円高を利用し金や石油や材料を買い占めてその後、お札を刷ることです。いっぱいお札を刷ることなのです。
なぜお金をすると経済に良いか。
これは政府主導でインフレを誘導できるのです。
平たく言えばお金の価値を下げることができます。
しかも一気に下げることもすこしずつ下げることも出来るのです。
お金の価値が下がると、当然、借金が減ります。貯金も減ります。
お金の価値が下がると何がいいことなのか?
まず、今お金を持っているのは老人達です。日本全体の資産の90%以上は60歳以上の老人たちが持っているのです。
老人たちはお金を使いません。それでは経済が回らず、その一族が相続することで貧富の差が激しくなります。
また、公務員の給料がバブル崩壊後も下がっていないために財政危機が起きているのも事実です。
公務員の給料を下げることでできない。老人たちはお金をタンスの肥やしにしてしまっている。
このあたりの問題を解消することができるのです。
どれだけ後生大事に置いていても、価値が半分になれば国とすればそのお金を徴収したことと同等と考えればよいでしょう。
また、900兆円と言われる国債も実質減らせるわけです。
国債が膨大になってきたのでギリシャのようにデフォルト(債務不履行)に持っていく方法もありますが、さすがに信用の下がり方が半端ないと思われるので。。。
例えば、流通紙幣を倍にすると、100円のものが200円に値上げされます。
ここだけ聞くと「げっ!」ですが、給料も倍になりますので生活には支障ありません。
当然全てのモノの価格が倍になるわけですから。
日本でもかつて1973年のオイルショックでインフレは経験済みです。
割を食うのは「老人たち」です。しかしそのお金は若い世代に還元されるのです。
借金を多くしている人には朗報です。借金が半分になるのですから。当然国債の価値も半分になります。半分なら単純にいえば現在の450兆円相当の負債になるわけです。
さらに、インフレを起こすことにより円高が是正されます。インフレは通貨の信用力を落とすことと同等だからです。
ついでに、会社員の人たちの給料は2倍になりますが、公務員の給料はこのご時世おいそれと上げることはできないはずです。
本当にそれだけ働いている公務員の人たちだけに給料アップすれば良いのです。まー一般の会社でも同じようにはなると思いますが。
年金や生活保護についても同じことです。ほんとに困ってるひとだけ支給額をアップするだけですから。
でもなぜそれを未だにやっていないのか?

流通する紙幣の量は日本銀行が管理しています。ちなみに日本銀行は民間の企業です。
日本銀行が実質預金の利率を決め、紙幣の量を調整しているのです。
今の日銀総裁は白川方明氏は2008年から総裁をしていますが、何もしていないのです。日本経済の低迷は彼が原因と言ってお過言ではないでしょう。
白川方明氏の趣味はバードウォッチングだそうで、日本経済も双眼鏡で観てるだけなんでしょうね。
白川方明氏は経済学者でもあり、正直大きなお金にまつわる判断もしたことのない素人、学者は学者。言い訳だけはブツブツ言って仕事がきない人です。決断を下す勇気も最良もない小さい男なのです。
この問題に拍車をかけたのが今の与党、民主党。野党時代に日銀総裁の権限を強くしたおかげで、言う事を聞かない白川方明氏をやめさせる事もできない法改正をしてしまったのです。
たしかに政治決断するには覚悟が入ります。しかしここが正念場でしょう。ビビるだけなら誰でもできるわけですから。デフレ脱却!とういかインフレ突入!ぐらいのインパクトがないと。。。
かつての民主党も鳩山時代、インフレターゲットを白川氏に提言をあげているのですけどね。断れられてます。民主自体が白川氏の権限を上げる法律を通してしまったからです。この時点で民主のアホ加減が!

細かくはそこまでうまくはいかないかもしれませんが、不均等は確実に解消されることでしょう。
インフレを起こす前に、円高を利用し、国レベルで輸入を増やすのです。材料や石油、金を大量に買い付け。
この行動だけでも、円高路線は消えるかもしれませんね。外国からみると円安に動くぞ!と取れるわけですから。

なので、公務員給与削減も、増税もいりません。
福島の復興支援金なんてポンと出ますよ。
じゃぶじゃぶお金を持っている老人たちが自分の強欲を捨て次世代に禍根を残さないと言ってお金を国に返還してくれるなら話は別ですが、
強欲自己中なある世代の老人たちには無理でしょうね。そのお金持ちの中に政治家もいるのですから。。。某鳩山元総理とか。。。おざわ。。。
なので改正日本銀行法を改正して白川総裁をやめさせるのが先決なのです。
中国のバブルに巻き添えを食わないうちにやっとくほうがいいと思いますよ。
まー単純に国政総選挙すれば景気も上がるのは確実でしょうが。

私なら、そうしますけけどね。

カテゴリー: つれづれづれづれ | コメントする