投稿者「ひげ侍」のアーカイブ

占いは売らない。

Googleで検索していると、鼻毛占いなるものを偶然発見した。
占うと「鼻毛ボウボウ」だった。
鼻毛占い
ちょっと面白ろかったので今度は「占い」で検索してみた。

Googleで「占い」を検索

家電占い、山手線占い、回転寿司占い、元素占い、ラーメン占い、プリン占い、日用品占い、妖怪占い、アザラシ占い、フルーツ占い、URL占い、きまぐれ占い、水族館占い、源氏物語占い、骨占い、年下占い、ちょんまげ占い、お菓子占い、むし占い、ケーキ占い、携帯パーツ占い、きのこ占い、Web日記占い、標識占い、すき焼き占い、花火占い、鍋占い、プロ野球占い、台風占い、香水占い、台所用品占い、国旗占い、ちょう味料占い、韓国フード占い、アンダーヘア占い、おでん占い・・・。
いっぱいあった。
アンダーヘア占い?
くだらないのでそれ以上は詮索しなかった。
おわり。
※個人情報を入力する場合は注意してください。自己責任で。

カテゴリー: つれづれづれづれ | 3件のコメント

おかげさまで…。

いつもお忙しい中このサイトに訪れていただいてる皆様方々。
誠にありがとうございます。
で、昨年7月オープン以来少しばかり時間もたちました。
おかげさまでまだ今のとこと挫折せず続かせていただいております…。
で、ちょっとアクセスログを観察していると奇妙な違和感を覚えたしだい。
最近は検索エンジンロボット(クルーラー)も積極的に回っていただいてるようで、
検索結果から訪れていただけている方もおられるようです。
つまりどなたかが検索エンジンサイト(yahoo、google、goo、msn等)から何かしら検索キーワードを入力して検索いただいて検索結果の中に当サイトが含まれていたというわけですが…。
で、その検索ワードに愕然。
ま、書いてる本人の素養がよく出てるデータとは思いますが、
以下に代表的な当サイトアクセス検索キーワードの一部を掲載してみます。
ばか地図
プロ棋士が2歩で負ける瞬間
ロリポップおじさん
ひげ侍
あえぎ
官能小説
カツラ洗浄機
お尻フリフリ ムービー
逃走
スーパーローライズ
通学用スニーカー
おいちょ株
ウィッグフレッシュ
それおやつ
学童用ヘルメット
ジャパネットたかだ社長
電気あんま
ラジオ体操図解
ドラッグの低年齢化
眉毛
阿吽とは
かっこいい
男が言う可愛い
ラブホテル
ドナルドの靴のサイズ
美人光線
マツケンサンバⅡ
負ける
電子野球盤
慎重なB型
まがい物
アイコラ
ひげの形
バイク事故
なんだかインテリジェンスのかけらもないですね。
って、なんでやねん!!!!
※ あ、べつだんアクセスログといっても誰が見てるか?なんてわかんないんで。
ご心配ご無用ですよ~。

カテゴリー: つれづれづれづれ | 3件のコメント

青春とは股間で思考することである。(♂)

69.jpg
69 sixty nine Official
監督:李相日
脚本:宮藤官九郎
原作:村上 龍
青春モノ。
学園闘争時代のお話。
ちょうど世に言う団塊の世代のお話ですな。
いや、そんな堅苦しいものでないです。
宮藤官九郎脚本らしい仕上がり。
実は相当ツボだったりする。
思春期モノには欠かせない妻夫木君をはじめ、豪華若手キャストのなかで紅一点。
柴田恭平氏がなんだか地っぽいB型父親的演技に将来の自分がなるであろう親父像を見た気がした。
内容的にはなんともいえない童貞感と自由な時間。
まさに「ロックとエロスとはったりなのだ!」な感じである。
なんだかカムバック青春!って~。
意外だったのが原作 村上 龍。
色々読んだけどなんだかいまいち私にとってグっと来るものがなかのでちょっと意外。
男の場合、やっぱり青春とは股間のタマに操られてこそ可能な白昼夢と言うことだろうか…。
いまでも?
ん~この精神的童貞はいつ卒業できるのだろう….。

カテゴリー: 評論などなど | 5件のコメント

超合金世代。

以前紹介した、ってもう忘れてる方、見ておられなかった方もおられると思うので。
何でも作るよ ボトムズ
ついに完成まじかに!すげー!
この人鍛冶屋さんなのになぜか鉄でボトムズを作ってるすごい人
「何でも作るよ」
によると、アニメ:ボトムズ関係者(高橋良輔氏、塩山紀生氏、大河原邦男氏)も訪れたらしい。大河原邦男氏しか分からんが。(ガンダムとかのメカデザインの人ね。)
超合金世代の私は、なんだか二足で乗れる乗り物と聞くだけで、いい年こいてドキドキわくわくするのです。
幼少の夢はなにせロボット博士かおもちゃ博士だったからです!
(到底違うところに着地してますが…。)
ボトムズに関しては1/1フルスクラッチのフィギュアに近いものですが、同類に地元の方には有名な
岡山県久米町エウーゴ製Zガンダム1/2フルスクラッチ
てのもありますな。
ま、最近ロボットネタがぽろぽろ出てきたのでまとめてみました。
特に意味はありません。タダわくわくするようなものだけ集めてみました。
にしても超合金ってなんと何の合金でなんで超がつくんだろ?
超合金じゃないロボットなんてロボットじゃない!って子供の頃怒られた。
未だに意味は理解してない。
————————————-
有人二足歩行ロボット3発
榊原機械株式会社
TOYOTA
なんだかアラスカの寒いところで有人ロボットを個人的に作ってる人
Neogentronyx
実戦配備前ロケット弾の打てる戦闘ロボット
「ソーズ」(SWORDS)
中国発!二足歩行ロボット「先行者」(古いって?)
先行者
を題材にしたネットゲーム
日本製「先行者」開発プロジェクト1&2
色々面白そうなのはいっぱいあるんだけどね、とりあえず気になるものということで。
ロボット工学3原則
(1)ロボットは,人間に危害を与えてはならない。また,人間に危害を与える危険を見過ごしてはならない。
(2)ロボットは,人間の命令に従わなくてはならない。ただし,(1)に反する場合はその限りではない。
(3)ロボットは,(1)・(2)に反するおそれがない限り,自分を守らなければならない。
1950年 アイザック・アシモフ 「われはロボットより」
ん~、手塚治虫のテーマか…。

カテゴリー: リンク集 | 2件のコメント

素数な気持ち

素数:1とその数以外のどんな自然数によっても割り切れない1より大きな自然数のこと。数論において重要な役割を担う。
いろんなことを感じていろんなことを思う。人それぞれ。
それぞれがそれぞれの中の世界で、喜んだり、怒ったり、悲しんだり、笑ったり。
やり切れない思いになった時、その気持ちを素因数分解して、一つ一つ整理したあと、最後に残った気持ちをしっかりと見極め、あとは時間と経験を使って己自身で割り切る勇気を持って心を一つにまとめる。
結局最後に残るのは自分であって自分自身で割り切れないとやり切れない。
割り切って1になる。素数のように。
な~んって。私には簡単には出来ないけど。
最近なんだかやり切れない気持ちになる事が多かったけど。
春なので割り切って行ってみよう!
はぁ~。
PS:気晴らしに送った懸賞で、数十万円のクーポンがあたった!っと思ったら実際は数百円の当選だった。めちゃめちゃヌカ喜び。
もう割り切ったけど。

カテゴリー: つれづれづれづれ | 2件のコメント

空を見上げる。

昨日の昼過ぎ。
雲ひとつない青空のなか、銀色のリング状の光を帯びた物体。
飛行機だと思ったら、と突然はじけるように消えた。
久々に見ました。未確認飛行物体。
過去にも数回見てはいるけど、ざっと10年ぶり。
そのうち4回は家の上空付近で二回は高校の校庭で。
ずっとUFOには付きまとわれてる気がする。
幼年期から夢に出現しては怖くて寝むれなかった。
学生時代も日常的に見えてたし。
そういえば昔は暇さえあれば空を見ていた。
校庭に広げた高飛び用の分厚いマットをベット代わりに。
周りの部活のやつらと一緒に空を見上げて、くだらない話で盛り上がる。
そのあとは各部顧問に練習しろ!ってどやされる。
お決まりパターン。
最近はそんな心の余裕もなくて、ふと見上げた時に出てきたUFO。
「たまには空でも見て気分を変えな」って言ってたのかもね。

カテゴリー: つれづれづれづれ | 8件のコメント

ブラウン・バニー

brownbunny.jpg
ブラウン・バニー 公式サイト
ヴィンセント・ギャロ監督・主演第二弾。
監督・プロデューサー・脚本・撮影・編集・ヘアメイク・衣装・美術:ヴィンセント・ギャロ/出演:ヴィンセント・ギャロ、クロエ・セヴィニー
いや、エンドロール見ててもキャスト少なすぎ!
この絶妙なギャロのナルシストぶりとトラウマなストーリー。
後半のシーンはかなり強烈!
(ん~エロティックと言うのかこれは?)
もしAV作品ならそうとな大作です。
内容的には書けませんが、おいおいそこまでやるのかよ!
女優すごい…。って感じで。クロエ・セヴィニー(30)同い年だ
さっさとその内容が知りたい方は実際に見てみるか、
他のレビューを当たってみてチョ。
いや、でもヴィンセント・ギャロの多才さにも驚くが、
シナリオや演技の精神的童貞でモラトリアムな感じと、トラウマを抱えた寂しげな感じがなんとも心に突き刺さる感じで。
男心には…。いや、私には。
前作バッファロー66でもトラウマがらみだったな~。
あ、前半は結構きつい。精神的にですけど。
お薦めはしません。バッファロー66は相当ツボですけどね。

カテゴリー: 評論などなど | 3件のコメント

なぜなんだろう?

仕事をやり始めると、やり始める直前から劇的な眠気に襲そわれる。
早くやらないといけない時ほど眠くなる。
そういえば試験前にも劇的な眠気に襲われた。特に英語と国語の試験の前には。
スノーボードに行く前日、なぜか眠れない。
長距離走行、一日激しい運動、体が持たない。
分かっているのに眠れない、眠くなるのは出発1時間前。
そういえば旅行や、遠足の前の日も寝れなかったな~。
いや、現実逃避とか、精神状態がほりゃららとか、ホルモンがどうだとか、理屈は分かってるつもり。
そんなことよりそんな自分に腹が立つ。いっそ逆ならありがたいのに。
何のためにそんな機能がるのか、はて?はて?
誰かテンションのコントロールを教えてください。
最近デジタル機器になんだか心を侵食されてる感じ。
CD、MD、DVDデッキに、デジタル放送、パソコン、オーディオ、電話に、車、インターネット、CGバリバリ映画、便座に時計、掃除機、洗濯機。そのたもろもろデジタルの香り。
アナログ高度成長期時代生まれデジタル黎明期育ちの私
デジタルでないと今の仕事もままならないんだけど、なんだろうこの違和感?
おもちゃ屋にデジタル野球版決定版ってな物まで出てたけど、基本的に自分世代の野球版と大差ない。と思ったら全自動!だって。どこが全自動なのか?でも消える魔球は健在だった。
ま、おいといて確かにデジタル機器は便利だけど、アナログの質実剛健さ、ながーく使えて所有するのが楽しいって感じじゃない。
かってな好みの問題だけど、デジタル機器に詳しい方だとは思うがやっぱり違和感。
せめて、心だけは量子化されないことを望む。
アナログのよさはノイズの入る余裕があるというところ、人生にノイズはつき物、心にも。
0 ミサイル停止
1 発射
0 結婚
1 離婚調停開始
0 友情
1 絶交
0 利用する
1 利用しない
0 怒る
1 切れる
リニアな感情論より2値的な感情論、人間の本質はデジタル化できないと思っていたいけど…。ま、今は、考えずにいてみよう。

カテゴリー: つれづれづれづれ | 5件のコメント

お~、なんとも馨しきMACの香り

macintosh-128k.jpg
パソコンをまだマイコンと呼んでいた時代。
隠れパソコンオタクを卒業し、まっとうなティーンな青春を送っていた私。
再び、蛇の道へと導いたのは、とあるマシンだった。
偶然見ていたテレビにその当時としては革新的な画像処理の様子が流れていた。
「ではこのはげ山に木を生やして見ましょう。」
と何気にタブレットの上でペンを走らすジンガイ解説者のおにいさん。
見る見るうちにモニター上のはげ山が雑木林の立派な山となるではないか!
修正された画像をプリントアウト、
「あなたの頭もこれで修正できますね。」っといったかどうかは定かではないが。
お!おーーーーー!これだーーーーー!
以前、自作でCG作成ソフトを開発し、かげながらコンピュータお絵かきに一人没頭していた私はこの時衝撃が走った。
そのソフトは確かAbobe Photoshop 1.0
番組の詳細を記録しその瞬間、その後の人生を決定付ける存在、Apple Macintoshを知った。
はやる気持ちを抑え、電気屋へパンフレットをもらいに行き、期待感を胸に詳細を知った時、私は愕然とした。
「Macintosh CLII 本体価格70万円、フルカラーアダプター30万円、その他もろもろ…。最低構成金額150万円」
モノクロMac Clasicであっても50万弱。
_| ̄|○ ・・・がっくり。
お前は高すぎる女。通学用スニーカーにボッコリ穴が開いている俺なんかと釣り合うことなんて到底ない存在なのさ…。
憧れるだけで手の届かない存在。二度と望まない。
諦めと、挫折感の中、後ろ髪を惹かれる思いを断ち切り、彼女のことは忘れようと誓った。
と思ったかどうか定かではないが…。
しかし、それから数年後、大学へ進学した私は、衝撃的な再会を果たすことになった。
大学のゼミ室より漂う驚愕のオーラ。
「ま、マックっすかー!!」
その時から私は彼女に夢中になった。隅々まで知りたいと感じた。
Adobe PhotoShopは3.0まで成長し、新しくIllustratorという仲間の存在も知った。
卒論もそっちのけでお絵かきに没頭する毎日。
Macintosh Quadra 800で泊り込みの3Dのレンダリング。朝目覚めると爆弾マーク。そんなことを繰り返していた。
Audio Technicaのターンテーブルデザイン募集や、MTV用のロゴデザインコンテスト用のイラストなどもMACで書いていた。(あえなく惨敗)
巷ではWindows95などと言うMAC漢字Talk6シリーズライクなOSが新発売!と持てはやされていた時代のお話である。
その後、念願のPowerMac 8500/150と結ばれ私も一時期はフォトショッパーと呼ばれた男だったが、時代の流れは残酷なもの、創業者の一人、スティ-ブンジョブスはAppleを去り、Apple Macintoshは暗黒の時代を迎え始めた頃、私の心も彼女から次第に離れていくのだった。
その後、世の流れに仕方なくWindowsを愛人に向かえ問題なく、なぜか寂しさを残しつつ数年をやりすごしていた。
が、やはりあのAppleの匂いを、魅惑的な雰囲気を、懐かしく思っていた。
あれから四捨五入十年近く、ついに決心!
化粧ののりも良くなってグットセクシーに、中身もすらりと大人に、OSもUNIXベースのⅩ(テン)となり身体能力アップでプロセッサーもモトローラPowerPCからIBM G5シリーズまで進化!わがまま放題不機嫌だった爆弾マークともおさらば、クロックスピードも、2.5GHz&DUALまでスピードアップ!仕事の出来るやつに大変身。生みの親のスティ-ブンジョブスも帰ってきた!
しかもあの頃はお高くとまっていた強気な値段もなんだか家庭的なになったじゃないか!
で10年ぶりの再会、PowerBook G4 1.5G 12inch をAmazonにて注文!
あの馨しき香りをもう一度。
え?前ふりが長いって?
いいの!人にMACに歴史ありってことで。
ちなみにMACの香り?と聞かれてもお答えできませんので。
それにしてもあの時驚愕したした画像処理技術が、今ではアイドルのわいせつアイコラ画像作成やモザイク作成にフル活用されていると思うと感慨深い訳で…。
父さんちょっと侘しいです。

カテゴリー: つれづれづれづれ | 4件のコメント

テイストが好き。

rao.gif
日清 ラ王
これは良くできている。
プロモーション的にはやりすぎか?
いや、面白い。
でも結構難しいのよね。
あ、要登録なんで。

カテゴリー: リンク集 | 2件のコメント