つれづれづれづれ」カテゴリーアーカイブ

22 / 22« 先頭...10...1819202122

バ、バナーを作ってみました。

僭越ながらリンク用のバナーを作りました。
もし!、仮に、仮にですよ、貴方様のサイトから当方へリンクを張っていただけるようなことがあれば、ぜひともお使いください。
当ブログはリンクフリーです。
ただし、リンクする価値があるかどうかは保障いたしかねますので、ご了承ください。
また、リンクフリーですが、コメントに何か一筆書いていただけると、うれしさひとしおでございます。

バナー1


バナー2


バナー3

※バナーこうこく 【バナー広告】
〔バナー(banner)は旗・横断幕の意〕
(1)POP 広告分野における旗広告。紙やプラスチックで長方形や半円形に作ったもの。
(2)インターネットのホームページ上の帯状の広告。クリックすることで広告主のホームページへリンクしてより詳しい情報を得ることができる。

カテゴリー: つれづれづれづれ | コメントする

TOKYO山手異臭騒ぎ

yamanote.gif
えらく古い話なのですが…。
4年ほど前に出張で山手線に乗っていたときの話。
 その車両は乗車してすぐにいつもの車両とは明らかに違う趣があった。
午後のラッシュ前、すでに車内は混雑し多くの人がつり革につかまっている。
しかし、長いすには一人の中年女性と年のころが20歳前後の若い女性の二人だけ。
おもむろにあいている若い女性の隣に鎮座したとき、私はこの異常な雰囲気を身を持って理解した。
悪臭。
鼻を突くようなその臭いがどこから漂ってくるのかわからない。
真冬の密閉された車内には暖房の熱風が舞い、刺臭を拡散する。
もしかすると臭いの原因が自分かと思い、己の体中を嗅いで見る。
と、周囲に目をやると同じ様な行動をしている人が多くいるのに気付く。
ふと横に座っている女性に目をやる。その先の中年女性と目が合う。
その中年女性はその視線で、若い女子へと合図を送ってくる。
少し中国系、綺麗な顔立ち。幼さを残した横顔。彼女は少しも動じていない。
むしろまっすぐな目線で外の様子を観察している。
手には留学生だろうか、参考書らしきものと大学ノートとビニール袋。
ビニール袋?
気付くと車両のすべての人間が恐怖におびえながらそのビニール袋を見つめている。
電車、ラッシュ、ビニール袋。
あの事件から少しばかり時間はたっているが、逆にその時間の流れがいらぬ想像を掻き立てる。
否応なしに自分の動悸が早くなるのを感じる。
しかし誰もその女性に声をかけようとするものはいない。
決定的な証拠がない。自分に言い聞かせた。
車両は止まりホームから乗客が飛び乗ってくる。
「うわ!」
新しい乗客はそう叫んで別の車両に逃げるように去っていく。
手には多量の汗。
死ぬのか?
車両すべての人がそう感じているはず。そんな思いが全身を貫く。
額から冷たい汗の筋が数本、流れ来るのを感じた。
列車は平然と次の駅へと停車する。
突然、緊迫した車両をよそに、彼女は席を立ち何事もなかったように下車していく。
安堵の雰囲気がどっと広がる。
関を切ったように隣の中年女性が擦り寄ってくる。
あの子臭かったわよねー。もしかしたら…。私駅員さん呼んでくるわ。
そういってホームの駅員を捕まえ、手を振りながら興奮した口調で状況を報告しているのが見えた。
車両中はざわめき始め、口々に異臭の原因を論じている。
吐き気を催している者までいる。
私は、恐怖のあまり、少しの間動けなかった。
その後、私は死の影におびえながら4年の年月が経った。

(さらに…)

カテゴリー: つれづれづれづれ | 1件のコメント

辛くて辛い。

javacarry.gif
「辛くて辛い」
あなたはなんと読むだろうか?
もし私が社会の濁流にももまれずノホホンぷ~んと学生生活なんか送っちゃったりなんかしてれば、
「カラクてカライ」
と読んでしまいがちだ。
しかし、人生と言う名の濁流に揉まれに揉まれた今の私には、
「つらくてつらい」
と読めてしまう。
そう、泣き言だが、人生は辛いものなのだ。
ま、私の場合、得てして己から辛いところに飛び込んでいる感はあるが。
いいの、ツライってかっこよく言わせてください。
最近、おしどり夫婦を起用して来た某カレールーのCMのキャッチでは、
「辛いが幸せ」
などとのたまわれているが、
「ツライがシアワセ」
ん~、なるほど深い。
ま、別に「カラクてツラ」くても
「ツラクてカラ」くてもどうでもいいのだが。
ところで先生、反省の色は何色なんですか?

(さらに…)

カテゴリー: つれづれづれづれ | 1件のコメント

記念にポンジュース

pom.gif
先日、会社帰りにタバコと飲み物を買いにコンビニにたちよった。
店内には数人の若者たちがたむろしていたが、雑然とした雰囲気の中、不可思議なカップルを見かける。
男は50歳前後、女は20代後半。
親子に見えなくはないが、妙に男のほうがソワソワとし、女は堂々と構えている。
そのコンビニの場所はラブホテルの前。
そういうことだと思い、目をそらし冷蔵庫の前で悩んでいると、そのカップルは私の後ろにたった。
「何がいいの」と女。
「何でもいいよ、量があれば」と男。
「じゃ、今日は記念日だからポンジュースね」
私はその言葉に動きを止めた。
記念日にポンジュース。愛媛出身だろうか?
私の心は錯そうする。愛媛では給食にポンジュースがでるというし、どこの家庭でもみかんを箱買するらしいほど無類のみかん好きと聞く。だから、誕生日などの記念日もみかんなのか?と。
いや、あくまで愛媛出身というのは私の憶測の域をでない。
ではなぜ記念日にポンジュース?いや、そもそも何の記念日なのか?
我に返り、コーヒーを手にレジに向かうと、その二人はうな重とポンジュースを手に私の前に並んだ。
うな重とポンジュース。やはりそういうことか。うなぎは、夏バテや疲労などに効果がある滋養強壮の代名詞的食品である。記念日とはすなわちそういうことなのだ。
いや、私のかってな想像で二人の関係を断言できない。もしかすると親子かもしれないのだ。
でも、「記念日だからポンジュース」
私の心に柑橘系な甘酸っぱい疑問を残し、二人は夜の闇へと消えていった。
トリビアねたは以下参照。↓

(さらに…)

カテゴリー: つれづれづれづれ | 1件のコメント
22 / 22« 先頭...10...1819202122