未分類」カテゴリーアーカイブ

2 / 512345

チャイナリスク弐

かれこれ10数年前。
その当時私はシステム会社に務めていた。
急に決まった某大手ビール工場への出向。
ホップの臭いに鼻がやられそうになりながら、ビール工場で呼ばれた理由を聞いた。
どうやら、ビール醸造システムというのがあって、ビールの作業工程をすべて管理する大規模なプロジェクトに現地採用という形で招集されたらしい。
私以外のメンバーは東京、埼玉、横浜、群馬などの関東圏メンバーと中国人。
仕事の元請けは某三菱電機。
どうやら、当時始まりかけていた、中国へのアウトソーシングで失敗したらしい。
で、急遽、現地でシステムの手直し。そのプロジェクトを現地であるビール工場で制作という運びらしかった。
そもそも、中国で作っていたものをこんな大人数で修正せにゃアカンのか腑に落ちない。しかも現地で。
説明してくれと言うと、一本のプログラムを見ればわかると。
んーボタンもついてるし、帳票も出そうな雰囲気。ではポチッとな。
何も起こらない。プログラムのソースコードを覗いてみてみる。
何も無い。そこにはあるはずのプログラムコードが一切ない。
でも、画面はある。表示は出ている。いわゆるハリボテ。
で?
担当に聞いても訳がわからないと。納品されたものらしいが95%がハリボテ。
今思うと、北京オリンピックの片鱗を見たというところだろうか。
現地駐留の中国人に話を聞くと、知らぬ存ぜぬで通す様子。
その割に、雑談にはよく応じる。
「上海は24時間バスが止まらない。いつでも帰れる。残業しても大丈夫。」
なんで、残業できるのにハリボテなのか?
「この食品は中国にしかないすごく美味しい。たべてみるか?」
いや、怪しんでやめときます。
「日本人は真面目。納期までに仕事をちゃんとするね。」
殴ってやろうか。
その後、プロジェクトは有志の元完遂した。
で、話は変わり某オムロンへの出向中、中国内地工場への股出向の話もあったが、社員の人から
「停電が多いから電気が消えると泥棒が出る」とか
「米は炊いてあっても洗わないと食えない」とか
「電話はほとんど通じない。衛星電話の手配をしたほうがいい」とか
「時々暴動が起きるから気をつけろ」とか
散々脅され、私が中国に行くことはなくなった。
そのかわり、また、日本で中国人と仕事をするはめに。
もう疲れたので詳細は省くが、その中国人もいわゆる中国人でした。
その後、中国は急成長。証券会社に務める友人たちは軒並み中国株を買えとせまってくる。
で、案の定、中国発の全世界同時株安で、全員死亡。
北京オリンピックと上海万博で盛り上がりを見せる中国はリーマンショックももろともせず急成長。
今に至るということでしょうか。
ずっと中国を見てると、共通する部分が見えてくる。
すべてがハリボテ。
中国内で何が起こっていようと、何を言われようと、体裁だけを整えてきた中国。
中国の軍事費が年間日本の2,5倍とマスコミが恐怖心を煽っているが、国土の大きさや、隣接する国境の長さ、防衛に特化した自衛隊と比べるって….。
昨今、世界的に広めた毒入り食品、ネギ関税にSK2事件、WTOの警告無視、特許無視のやりたい放題、為替操作、で尖閣諸島の問題。
正直、中国人と世間話をするのは比較的楽しい。でも、一緒には仕事はしたくない。
唯我独尊と言えば聞こえがいいが、まさに中国人のメンタリティーは自己中心であり、周りへの協調性などはないに等しいと個人的には思う。儒教の誤った解釈を繰り返し、中華思想を推し進めようとするこれからの中国に同調してくれる国や人がいるのか疑わしい限りである。
とりあえず、上海万博までのハリボテは成功したが、これから中身が共わない経済でどれだけ発展していけるのか甚だ疑問である。
世界の均衡が取れていない原因に中国を上げる国が増えてきた。
このまま安い労働力と固定相場だけの中国に依存する危うさを世界が知れば、中国の共産党体制も崩壊するのではなかろうか。それに伴い、軍事衝突が各地で起こる可能性もゼロではない。
にしても、輸入規制をかけたレアアースと言われる希少元素。停止から代替物質を10日で作ってしまう日本の技術差が他国とのレベルの違いを見せつけた気がした。別段レアアースの輸出が止まってアタフタしてるのは政治家だけのようである。
でもそんなこと、与党民主党官邸が知ってるわけないんだね~
ビビりすぎ!!みんな怒ってます。
仙石の更迭、総選挙が早まったかな~??

カテゴリー: 未分類 | 6件のコメント

チャイナリスク壱

今更なにいってんだと思っちゃうんです。私は。
ロシア、中国、朝鮮半島は明治以前から日本にとって脅威とされてきたところ。
福沢諭吉さんだって、本田宗一郎さんだって昔から付き合いをするなと言われてきたところ。
文化が違うとか、考え方が違うとか、話せば分かるなんていうのは、お人好しの日本人の言うところ。お人好しというか不勉強っていったほうがいいのかも…。
私も何度か中国人と仕事で絡んだことがる。
初めての接触は、バイト先のガソリンスタンド。
かれこれ20年近く前の話。
留学生として中国から来ていた「王」さん、35歳(妻子持ち)。
名前から察するに台湾系なのかよくわからないが、中国の大学を出て日本の大学に入り直す資金を蓄えるためにアルバイトに来たらしい。
その当時の私の中の中国のイメージは人民帽と自転車とジャッキーチェンぐらいだろうか。
中国人に限らず、外国人のアルバイト自体まだ珍しい頃だった。
そんな折、日本の大学に入り直すとはなんの目的かと聞くと、日本の学位は中国ですごく評価され給料も10倍程度変わってくるらしかった。そのために妻子をおいて留学。なんとも慎ましいと、その時は思った。
私「王さん、3番に20リッターねセットしてるから」
王「ワカラナーイ」
私「王さんさっき教えたじゃん」
王「ワカラナーイ」
私「わかった、じゃあ、POS(ガソリン計量器&精算機)お願いね」
王「ワカラナーイ」
私「じゃ、もう車にノズルだけ入れといて」
王「いれました。」
私「王さん、それOILって書いてあるでしょ。GASってところ英語読めるよね?」
王「ワカラナーイ。日本語難しい。」
私「いや、英語だから。大学出てるんでしょ?」
王「ワカラナーイ。」
私「。。。。。」
使い物になんねー王さん。
そんなことが続いて1ヶ月ほど。
あいかわず仕事は覚えない、ノズルを車の給油口に入れるだけの仕事。
雑談の合間には「女の子紹介して」が口癖の王さん。
「日本人はとても優しい」とも。
「Gショック(当時はやったCASIOの腕時計)は中国で10倍の値段で売れるよ。こないだは20個も買ったよ。」
大学の資金はどうした王さん。
「風俗行くか?風俗。」
大学の資金はどうした王さん。
「こないだパチンコで全部すったよ」
大学の資金はどうした王さん。
「日本では愛人、中国では恋人、漢字は違うけど同じ意味。愛人欲しい。」
なにしに日本に来てるんだろうこの人?
その日は私は学校が終わってバイト先に出勤。
泣きながら去っていく王さん。
店長に何があったのか聞くと案の定クビだと。
去り際に
「日本人おかしい。日本人はひどいやつ。もう絶対にこない。」
だそうだ。
そりゃ、仕事もせずに遊んでお金がもらえると思っていたのだろうか。
当時はまだ共産色が強い中国。資本主義なんて意味がわかってなかたのか?
その当時の中国人のメンタリティーを王さんを通して若干感じ始めていた私だった。
つづく

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

怖いパンダ


Never say no to Panda!
絶対パンダをいらないって言うな。
エジプトのチーズのCMらしい。
怖い。
切れ方が良い。
BGMがすてき。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

プッとべ!プーデル


なかなかシュール。
何パターンかあるみたいだけど、現在詳細は不明。
テレビせとうちで放映中。
CMなのか、啓蒙広告なのか、それとも…。
追加:
キャラデザインはこの人らしい
アニメーションはここらしい

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

続ノートパソコンが…。

キーボード、液晶、DVD-Rドライブ、マザーボード、トラックパッド、一部外装が一新して帰ってきました。
ln_after.jpg
外装とバッテリーとハードディスクと増設メモリがオリジナル。
一ヶ月近く代替機を借りていましたが、「とりあえず、修理しました。家に持ってご説明させていただきます。」」と連絡があり。
また、わざわざ田舎まで営業の方がこられました。
下の画像が、変形したキートップ。
ln_before.jpg
散々外して磨いても綺麗にならないキートップの茶色いのは手垢かヤニだと思っていたけどどうやら…?焦げてる?
キーボードをバーナーで焙ったっり光を当てたりと色々実験したそうですが、原因は今のところ不明らしい。
使用時間が2万時間を超えてたことがびっくりだったらしい。
でも開発の人がそんだけ持つとはと感激してたらしい。
「あと、DVDドライブはサービスで取り替えました。」とのこと
結局、原因わからずじまいで、新品同様に無償修理という感じで…。
ん~、新しいノートパソコンを買おうと思っていたのにここまで完璧に治されると…。
いやはや。
次もパナソニックでもいいかも。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

国境の向こう側

国家と別の国家の領土を隔てる境目、国境。
日本人が国境を意識することは殆ど無いと思う。
日本と他国の国境線のほとんどは海の中。いわゆる自然的国境。
時々映画やアニメなんかで「宇宙から見れば国境なんて見えないのにな」的なセリフがでてくる。
国境なんてない無い世界があればすばらしい!国境は争いごとの権化だ!的な。
国境は人間が勝ってに決めた境界線。それは事実だとおもう。でも国境の向こう側とこちら側が有るのは明確な理由がある。
あたりまえだが、国が違う、考えが違う、文化が違う、利害が違う。
色んなものが違うから境界線を引いた。ただ一緒になれないから境界線を引いた。
ただ自分の隣の住人が考え方が同じでも文化が同じでも同じ家に住もうとは思わない。
利害が合わないから。財布の中身まで一緒にしようとは思わないから。
かつて日本は陸上に国境を持っていたことがある。
日清戦争後、台湾、朝鮮半島、樺太の一部も日本であった。
併合をくりかえし、明確な国境が大陸にもあった。
しかしながら、この時は大日本帝国との併合であり侵略ではない。
第二次世界大戦後、敗戦国となった日本は戦勝国に沖縄を含むかつての日本領土を侵略した。
そう、ニュースでは日本の侵略の歴史などといわれているが、それは戦勝国、すなわち戦争に勝った側の言い分であり、侵略したのは戦勝国である。
戦争に勝った側がルールを作るのが戦争の結末。
GHQに骨抜きにされた日本人は未だに自虐の歴史を学ばされている。
国境など気にしたこともない。
なのに、中国をはじめ特定アジアとの連携が大事などと今の与党はほざいている。
なぜ、国境があるのか?
それは、文化も利害も価値観も考え方も違うからである。
もしお互いの利害や考え方が同じであれば併合という手段もあるはずで、戦前の日本の血を流さずして領土を広げるスタンスは正しいと感じる。
中国や、ロシア、中東付近では未だに侵略と分裂を繰り返し、国境線がコロコロと変わっている。血を流しながら。
私は別段、戦争肯定論者でも、右翼的思想に斜交しているわけではない。
現代の教養、特にニュースや新聞を読んだ時、前後関係が分からない人が多いと感じていた。
ここに来て、いままで常識と思っていたことが、実は洗脳によって形作られていることを革新している。
すべての元凶は、戦後のGHQの情報操作に起因しているのは明白で、
「戦後レジュームからの脱却」を掲げた、安倍元総理のように本当に正しい歴史や認識を伝える必要を感じたからである。
このあたりをきちんと理解しつつ、次回から、学校では教えてくれなかった現代史、特に今の時代に直結する歴史をすこしずつ振り返ってみよう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

日本人のナショナリズムが火を噴き始めましたね。

安倍元総理が戦後レジュームの脱却という言葉を使ったこと。
麻生元総理が極右的な発言が多かったこと。
マスコミがデリケートな問題だと火消しをするために、政権のバッシングを繰り返した理由。
外国人参政権や外国人への子ども手当、高校無償化などの民主党が朝鮮半島に対して甘い政策を繰り返すこと。
それを踏まえた上で動画をどうぞ。

この問題は実は明治以降より続いている。
なぜ、在日朝鮮、韓国人だけが他の外国人と区別され在留特別許可を持っているのか?
なぜ、マスコミが、だれも乗っていない韓流ブームや、フィギュアの韓国選手を特集するのか?
なぜ、民主党はなぜ外国人参政権法案をずっと出し続けているか?
なぜ、パチンコ屋はなぜ違法賭博でなく遊戯法で片付けられるのか?
なぜ、駅前にパチンコ屋や焼肉屋が多いのはなぜか?
なぜ、従軍慰安婦問題や、戦後補償費を払えなどと韓国はいうのか?
なぜ…。
続きが知りたい方はコメント欄になにか残してくださいね。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

ノートパソコンが…。

かれこれ、5年近く使っていたノートパソコンが壊れた。
というか、分解した。
キーボードがあんなふうに分解するとは考えてもいなかったが、
いきなりボロボロと分解。
タフネス!を売り物にしていた愛機は当時20万中ほどしたしろもの。
まあ、最初は共に貧乏ながら手を取り合い必死に戦い抜いた戦友。
なんであんなことに…。
あ、でも修理に出したら数万円かかるし、新しいのも安いし。
一応、見積にでも出すか。と軽い気持ちでカスタマーセンターに電話。
パソコンの症状を説明すると、担当がコロコロと変わり、最後にはサポートの主事の人が電話に出てきた。
そいで、また同じ説明を繰り返すと、故障箇所を写真にとって送れと。
で、写真を送った数分後、折り返しの電話が。
「明日お伺いしてパソコンを引き取らせていただきます。」と。
宅配便で送りますよ~、といっても絶対に会わなければならないと一点張りで。
次の日わざわざ大都会から3時間ほどかけて、我が田舎まで足を運んでいただいた。
朝から平謝りのちょっと小太りな主事の方に愛機を預けたが、
数日後、再度電話がありいろいろと聞かれたが、まだ愛機は帰ってこない。
謝罪されることは何も起こってないのだが、とりあえず修理代は浮いた模様。
にしても、なんかだんだん大ごとな話になってきて、ちょっとドキドキ。
続報がなにかあればまた。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

むしろ政治テロ

永住外国人への地方参政権付与の問題。
47都道府県のうち、14県議会が永住外国人の地方参政権の付与法制化に反対する意見書を可決しているにも関わらず、平野官房長官「地方の意見は関係ない」との声明。
もう、民主党は完全に政治テロの域に達したようです。
地方参政権の問題なのに地方の意見は関係ないと…。
恐ろしい永住外国人地方参政権問題のキーポイントを簡潔に。
①永住外国人地方参政権とは永住外国人(主に韓国人、中国人)に市町村県などの選挙権を与える事。
②地方参政権は国民固有の権利とされているので法案自体が違憲の可能性大。
③日本人に帰化すれば問題なく参政権が得れる。帰化の方法も難しいわけではない。帰化人も同じ見解。
④地方参政権ぐらいあげればいいと思うのはあなたの街が韓国人や、中国人に乗っ取られると同義。すなわち外国人に地方自治法の改正を許し、日本人不利な状況を作れる環境を与えることである。
⑤無条件で永住外国人地方参政権を与えてる国は存在しない。
⑥街を乗っ取る権利を得た永住外国人は衆参、国会の参政権を得るために動き出す。
⑦日本の総理大臣が日本人以外の国の人間がなれる可能性が出てくる。
⑧近隣アジア(特定アジア)は反日思想が高く、日本の機関技術、地理的に軍事戦略上重要な拠点で、歴史的に見ても日本自体を欲しがっている。竹島、尖閣諸島、千島列島、ガス田乗っ取りなどの領土問題をみれば明らか。
⑨特定アジア人は民族主義が強く、ジェノサイド(民族浄化)が起きる可能性が大。最近ではチベット問題などの民族虐殺も報道されている通りに。
⑩民主党は外国人参政権法案提出の理由を何一つ説明していない。この法案の必要性を明快に説明できていない、いや、まった理論が成立していない。
⑪自身の経験として、特定アジアの人間(中国人、韓国人)は絶対に信用してはならない。これだけは反発を喰らいそうだが、断言しても良い。感じ方や思想(中華思想)が全く違うので人種差別ではなく区別するべき。歴史的に見ても、現在の政治、教育、宗教等々、諸問題の根幹には特定アジアが絡んでいるので上記内容に強く危機感を抱く。(余談として、やり方はともかく、ブレないという意味では北朝鮮の方がある意味信頼がおけるかも)
小沢幹事長は中国、韓国に地方参政権付与を口約束したりと、何故か地方参政権を外国人にどうしても与えたい様子ですが、正直日本人にとって百害あって一利無しの地方参政権。ただ、選挙の票が欲しいのか?自身の利得に走っているのか?日本にとって理解不能な行動。
小沢幹事長を後押しする民主党の議員たちは日本人を売ろうとする売国者達であると私は断言する。
それを理解できない国民は愚民以外なに者でもない。
民主党は前選挙時には意図的にマニフェストから外した地方参政権。
愚策を列挙する民主党の中で一番、危惧されていたこの問題を愚かでないみなさんも自己の問題として理解することをおすすめする。
もう「知らなかった」では済まされない事態に直面しているわけですから。
PS
去年末関西にて、偶然、民主党から出馬する議員候補と、在日韓国人と飲む機会があったのだが、その癒着がひどいと感じた。
正直、民主党候補が在日韓国人への選挙支援要請をしている発言を聞いて、選挙違反ではないみたいだけど…。いやはや…。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

googleの情報独裁 VS 中国共産党政治独裁

これから世界を牽引していくのは中国だ!と勇ましいことを言っている中国ですが、
Google.cnがハッキング(クラッキング)にあったそうで。色んな所で騒がれている事件であるのが興味深い。
事の発端はGoogle中国のサイトが何者かがシステムに侵入しデータを持ち去った。その何者かが注目の的でして、どうやら中国の諜報機関と断定されたからなので。
もともと、政府に対して不利益な情報を隠蔽し続けた中国共産党。
内乱をはじめ、あらゆる情報に検閲をかけてきた中国政府は、検索技術で事を公にしようとするGoogleを嫌ってGoogle自身にも検閲を強制する始末。天安門事件など国外の人間のほうがよく知っているのではないかと思えるぐらいに情報統制されていたようです。最近では、中国国内でインターネットに接続するには、政府の作成した(アメリカの会社からパクって来た?)検閲ソフトを使用しないと接続できない状態にまで進行したわけです。
このような状態で、中国当局はGoogleにたいしてサイバー攻撃を開始。
怒ったGoogleは検閲を無視、天安門事件をはじめとする中国当局に不利な情報を一般公開->Google中国撤退も視野に動き出す。といった感じで。
中国当局はGoogle撤退は自社の利益を棒に振ったとなじり、世界メディアはGoogleの動きに拍手喝采。
Googleといえば、検索をはじめGmailや、Webアプリケーションサービス、ブラウザー、携帯電話開発、位置情報などなど、情報関連のサービスで情報独占を産業として財を築いた会社。
かたや、都合のいいところだけをかいつまんで、軍事力と暴力、ジェノサイドを繰り返し、国際条約を無視しながら反映をしてきた中国共産党。
この資本主義と社会主義のぶつかり合いが、世界の政財界や産業界の注目となっているのも実に興味深いところです。
にしても、機械化が進み産業界に人が必要になくなると、子供のころに教わった記憶がありますが、結局人件費の安い中国のような国に依存している各国の現実をみると、機械化が及ぼした影響は現実なところコストの切り詰めによる自国の雇用不安といったとこなんでしょうかね?
働ける老人が多いというのに、日本政府は….。

カテゴリー: 未分類 | コメントする
2 / 512345