虚言日記」カテゴリーアーカイブ

デンワボックス

虫が群がりチカチカと今にも電球の切れそうな街頭の下、僕は暗い寒空をほとんど放心状態に空を見上げ待っていた。というか長い長い時間のなかで待たされていた。
毎回おでこの血管が切れそうになるぐらい遅刻してくるわりに、小さな中古の外車の窓ごしにへらへらと笑いながら登場するその待ち人はここ数年間、時間通りに来たためしがない。
イラつく心を抑え時計をしない主義の僕は待ち合わせの時間を確認しようとジャケットのポケットをまさぐる。
出てきたのはライターとコンビ二のレシートと10円玉が三枚。
「しまった!」
携帯電話を携帯していないことに気づく。ついでに吸いかけのハイライトも。
家に携帯を取りに戻ることも考えたが、戻る時間を考えれば待っているほうが何かと都合がよいと僕の中の「めんどくさいくん」が耳元でささやいた。
「じゃ、いつもの公衆電話のまえで待ち合わせと言うことで」と電話を受けて約1時間。
いまだに来る気配さえ感じられない事に不安と苛立ちを覚えた。
携帯電話の大々的な普及に伴いその数を減らしつつある公衆電話。
数が激減したおかげで、たまに目に付くそののっぽなガラス張りのハコは雨風もしのげる僕たちの絶好の秘密の待ち合わせポイントになっていた。
裏通りの港に近い工業地帯の開けた道沿い。
小さな街灯ぽつぽつとあるぐらいで深夜には人通りがほとんどないこのポイントは待つ者に孤独感を植えつける場所でもあった。
いつになく待ちぼうけの僕は海風を受けながら仕方なく公衆電話で連絡してみようと引き戸を開けた。
突然の事態に驚きの声が出そうになった。
ボックスの中に何か大きな塊が地面にうずくまっている
よく見るとそこにはなぜか髪の毛がビッチョリと濡れ震えている女子高校生。
ボックス内に座り込み僕の存在を気にもせず受話器を耳に強く当てていた。
よく見ると足元にジェラルミン製っぽい銀色のごついケースを抱えている。
声をかけ様かとも思ったが彼女の何人も寄せ付けないその異様な雰囲気に足踏みしてしまった。
仕方なく電話ボックスを出た僕は途方にくれることに。
空を見上げると灰色の厚い大きな雲が満月の光をさえぎろうと少しずつ僕らのほうへ近づき動き始めていた。
続く…。

カテゴリー: 虚言日記 | コメントする

ある男の浮き沈み。3

海が見え始め、遠くの山々の連なりが見え始め、そのさらに奥には、うっすらと明るいグラデーションのかかった地平線が見え始めていた。
山々のところどころには白い部分があり雪残り、海には低いところに無数の小さな雲がかかり、時よりミニカーよりも小さなタンカーの姿が見えた。
いくつもの雲をつき抜け、どんどん加速していく、素っ裸のはずだが肌寒さは一切感じない。恐怖もいつの間にか、この不思議な状況をどうにか楽しもうとする心に打ち消されていくようだった。
足を組み腕を枕代わりにして浮かんでいく自分の滑稽さに笑っているのに気づいた。
大きな雲を抜けるとそこには大きな大きな月がまるで待ち構えていように堂々とした趣で鎮座していた。
足元には白い厚い雲。上には大きな満月。
月に呼ばれた。
その大きく煌々と光る月は何も語らない。
その雄大な姿は男をまるで見下すように強く照らし、あざ笑うかのように男の長い影を雲の上に作った。
「小さな君は、小さな世界で、小さな悩みを、小さな心に抱えて生きてたんだね。」
まるで耳元でそうささやかれたように感じた。
月は輝きを強め赤く血の色に変色していく。次の世界の入り口が開く儀式。
さっきまで足元にあった厚い白い雲は徐々に薄くなり始める。
そして不意に背中を何かがやさしく押しように思えた。
叫び声にならない悲鳴のような唸りの様な聞いたことのないような音を発しながら僕はどんどん地上に向かって落ちていく。
雲を抜け、風を切り、下半身の一物が取れてどこかに飛んでいってしまうんじゃないかと思えるほどのスピードで落下していく。
そのスピードのなか、今までの思い出が走馬灯によみがえってくる。
思い起こせば実はそんなに苦しいことばっかりじゃなかった。楽しかったり、悲しかったり、喜んだり、けんかしたり…。でも悩んだり苦しんだことも今となっては小さくくだらなく思えた。
そんな思いを巡らしながら男の目の前に白いもやがかかりだし、意識は次第に遠くなって行った。
そして激しい痛みが全身を襲い、体中の神経が一斉に脳へ激しい信号を送ってくる。
怒涛の痛みたちが自分の意識をかき消そうと必死に攻めて来た後、何も感じなくなり音も光も何もない苦しみも喜びも争いも嫉みも愛情も権力も名声もしがらみも責任も楽しみも何もない世界に飛び込んでいった…。
ホトトギスのさえずりとやわらかい日差しを全身に受け、男は目覚めた。
体がうまく動かない、視線を回りに向け今の自分のおかれている状態を理解しようとした。
真っ白な天井と壁に大きな窓、窓の外からやわらかい光が差し込んで、たぶん青空が広がっているんだろうと想像を膨らました。
ふと横を見ると一人の女性が開いたドアの前に立っているのが見えた。
その女性と目が合った後、彼女は少し驚いた様子を見せ、ドアの外へ駆け出していってしまった。
数分後。奇妙な白衣をきた初老の男が私を訪ねてきた。
「あなたは長い時間、眠り続けていたようです。
発見場所は不明ですが、外傷もなく脳にも異常は見当たらなかったそうです。
発見された時から意識はなく、ずっと眠り続けていたようです。」
そういうと笑みを浮かべ初老の男は去っていった。
呆然とした男は日が沈むことにも気づかずあのころから70年たった夜を迎えた。
ふと窓側のをのぞくと大きな赤い満月が見えた。
「やっと今のあなたをだれも知らない場所へくることができましたね。」
男は孤独を感じるよりも、悩んでいた自分を思い出し少し笑っっていた…。
おしまい

カテゴリー: 虚言日記 | 3件のコメント

ある男の浮き沈み。2

その些細な現状の疑問はしだいに確信に変わってきた。
「な、なにがおこててるんだ??」
と発したはずが、言葉にならない何かを叫んでいることだけははっきりとわかった。
天井と自分の頭との距離が少しずつ短くなってきている。
いや天井が迫ってきてるのではない、ゆっくりだが徐々に体が上昇しているのだ。
天井との隙間が縮まってく閉塞感と理由も状況も把握できない自分にパニックになっていた。
天井に当たる!目をつぶり肩に力を入れ「ここで終わってくれ!」と心の中で強く念じた。急に周りが暗くなり空気の強い流れを感じ、男はこわごわしく目を開けた。
男は真下に何かの建物の屋根の上に浮かんでいた。
よく見ると自分が住んでいる家、ちょうど風呂場あたりの上空にいることに気づいた。
いまだに状況が好転している兆しはなかった。
なぜ自分はこんなところにいるのか、何で浮いているのか、なんで自分は素っ裸のまま自分の自宅上空に浮かんでいるのか?
思えば思うほと頭が混乱してくる。
とりあえず素っ裸の股間に手をやり体を丸く丸めては見た。こんなときにも恥じらいを感じている自分に無性に腹が立った。
そしてやっと徐々に上昇する速度が上がってきていることにも気づいた。
自宅や隣人宅は徐々に小さくなり、家の窓からこぼれる光は何か小さなイルミネーションのように見えてきたとき、恐怖を感じ始めた。
「やばい!このまま何もしなければ!」
手の中がじっとりと濡れている。どうにか今おかれている状況を打破すべく心の中で色々な方法論をシミュレートしてみる。そして稚拙な発想だが今思いつく唯一の方法、恥ずかしさをこらえ、股間の手をはずし平泳ぎの真似ごとをしてみる。
「映画やマンガのように空を泳いでみればきっとかえれるはず!」
しかしながら素っ裸の男が中に浮いたままかえるの動きを模写しても状況はなんら変化しなかった。
一瞬冷静になり下の状況を確認してみると、近所の窓の光は町の光たちに溶け込み、町の光たちは、大きな都市の光にのまれ、ロマンチックな美しい夜景としてまとまり始めていた。
その情景は現状素っ裸で浮かび恐怖におののいていた男の心に少しだけ安心感を抱かせる説得力があった。
あの光一つ一つが人の営みであり、色々な思いや悩み、喜び、悲しみ、争いや、愛情や裏切り、色んな感情を内包している光。光の集まりはある意味たくさんの意識の集合体なんだなと思っい、その中から外れてしまっている自分が少しだけ切ないと感じた。
男の体はさらに上昇していく。
つづく…。

カテゴリー: 虚言日記 | 3件のコメント

ある男の浮き沈み。1

最近なんだかうまく行ってない。
なにが?と言われると少々困ってしまうが、
なんだかうまく事が回ってない気がしてならない。
納得行かない自分に腹を立て、何事にも不満が湧き出てくる。
今の自分の実力や考え方、将来や過去、仕事のこと、家族のこと、友人のこと、恋人のこと。
考えれば考えるほどその重苦しさに耐えなれなくなりそうになる自分を恨めしく思った。
悶々としながら水圧の強いシャワーの下、水滴一つ一つを肌で感じながら前髪を両手でかき上げ、ふと思った。
「いっそ自分を誰も知らない自分のしらないどこかに飛んでいってしまいたい…。」
そうすれば今の自分を捨て新たな自分を勝手に作り上げられるかもしれないと言う安直過ぎる考えが浮かんだ。
土砂降りの雨の中空を見上げるように僕は目をつぶりシャワーを顔全体に浴びながら、天井の向こう、空の向こう、宇宙の向こうへと意識を集中した。
意識が遠くなり始めた瞬間、なんだか体全体の力がスーッと抜け空に吸い込まれるような不思議な錯覚に襲われた。
あまりにも心地いいその刺激に、今あるなんとなく釈然としない自分のすべてを委ね、何も考えたくない感覚に包まれていた。
しかしふと、何かが違うと感る。
自分の知っている現実にない感覚。
目を開け周囲に目をやる。
やはり何かおかしさを感じる。
今シャワーを浴びながらもしゃもしゃの髪の毛を掻き分けながらぶつぶつ悩んでいた数秒前の状況と決定的ではないにしろなにか違う状況におかれているのを。
なんなく、
シャンプーとリンスのボトルが若干小さくなったように感じる。
なんなく、
いつも使っているシャワーの高さがえらく低い位置に変わっているように感じる。
なんなく、
いつも見上げていた天井が妙に低いと感じる。
なんなく、
足元の床のタイルには確かに足の指まではっきりと識別できる黒い影がぼんやりと映っているように見える。
つづく…。

カテゴリー: 虚言日記 | コメントする

それはもう

それはもう大きなへそのゴマだった。
しばらくへそに注目してないうちに大きな黒いゴマになっていた。
風呂に入り、指ではじくといとも簡単にそのゴマは外れた。
あまりにゴマ大きかったので、記念に庭先に植えてみた。
水をやり、黒ゴマに俺胡麻と名前入りの札をたててみた。
水をやり始めて三日目、冗談で植えたゴマをよく見ていると、
植えていたところには白い小さな双葉がひょっこり顔を出していた。
何が生えてくるのか少々楽しみだ。
つづく

カテゴリー: 虚言日記 | 3件のコメント