評論などなど」カテゴリーアーカイブ

3 / 41234

少年心を刺激する魅惑のマレーナ

マレーナ
マレーナ
[ストーリー]
見つめるだけで、あなたを守るつもりだった……。
私がマレーナに初めて会ったのは、戦争が始まってまもない1940年の晩春、12歳半の時だった。シチリア島の眠ったような漁村カステルクトの、長く続く海岸通り。その日、私は初めて自分の自転車を手にし、年長の悪ガキたちと並んで,彼らの密やかな楽しみ、村で一番美しい女マレーナを見る儀式に参加したのだった。
「この映画を観たすべての女性に、映画を観た後こんなことを考えて欲しい……“私もこんなに愛されたことがあったのだろうか。しかも、そのことを気付かないままに……”」と監督弁。
監督・脚本は『ニュー・シネマ・パラダイス』(89)『海の上のピアニスト』(99)のジュゼッペ・トルナトーレ。
この人の書く話は昔の自分、少年だったころの心を忘れるな!といってるように見える。
ニューシネマパラダイスでは何も知らない少年とその祖父の心情を心温かく表現していたが。
マレーナでは多感な時期にくりひろられる馬鹿げた行動や、妄想。世の男性が歩んできた葛藤と挫折。
そしてかなわぬ恋への憧れ。などがおかしく、かなしく、切なくつずられテいる。
ぜひとも女性に見てもらいたい。男がこんな少年期を過ごし苦しんでいるということをしってほしい。
再確認の意味でも男性も見るべし。腹がよじれるほど笑える事請け合い。
ほろりとなるラストシーンに少年は何を感じたのだろう。
主演のモニカ・ベルッチはこの映画後、ハリウッドに進出。
マトリックス等にも出演している。
ウ~ん、セクシー~!

カテゴリー: 評論などなど | 3件のコメント

いまさらアメリ評論

アメリ
アメリ
幼少から孤独に生きた少女アメリ。
成人した繊細でいたずら好きのアメリが他人との接点を見出そうと、
色々な方法で自分を表現し、そして運命の人と出会う。
監督・脚本:ジャン=ピエール・ジュネはエイリアン4の監督も同時期に兼務。
この人の脚本、色鮮やかな映像表現、特に人の心の内面的描写はすばらしい!
引きこもりがちな父親に突然寂しくなって会いに行くが深夜のため鍵が閉まっている。
石を投げて起こそうと考えるが、ふと父親を旅に行きたくさせる方法を思いつく。
このシーンも、台詞は使わずアメリの父親を心配する内面的な心情を映像だけで表現している。
全体的に赤と緑をベースに色鮮やかな中に、センスを感じるウイットに飛んだ表現がちりばめられている。
また、CGを旨く使って絵本のような仕上がり。
主演のオドレイ・トトゥはそのファンタスティックでロマンちっくな表現に花を添える可愛さ!
その他の出演者も個性的な面々。
フランス語のイントネーション、アナログ的なBGMもあいまって、何度見てもゆったりした気分にさせてくれる。
自分ランキングでも相当上位にいる作品。
アメリ幼少期役の可愛い女の子って、実は男の子って。
女性に人気な作品ですが、結構男のつぼだったりして。
それにしてもオドレイ・トトゥは可愛いな~。それがつぼだったりして。
細かいところまで丁寧に作りこまれているので、一度見た方も再度見てみてチョ。
やっぱ、フランス映画はいいね~(イタリア映画も)

カテゴリー: 評論などなど | 2件のコメント

FeliCaってどうなんだろ?

最近、自分が見かけたショッキングな事例とは、
1、地元でギャル夫(ギャル男?)を見た!渋谷でも見かけなかったのに。
2、コンビニで携帯電話を使って清算しているおっさんを目撃!。(東京で)
の二点。
は~、刺激薄!
にしても、CMするほど普及してないんじゃないと思っていたのに、
使ってる人をみかけてFeliCa付き携帯に変えればよかった!
とは思わないが。
最近よく「Edy」って書いた板見たいのも良く見かける。(私は)
「Edy」は電子マネーの一種で、FeliCa付き携帯や、Edyカードと呼ばれるICタグつきカードで清算ができるらしい。チャージして最高5万円まで入れとける電子財布。
Suica(JR東日本)、ICOCA(JR西日本)とか、切符かわずにカードで清算そのまま乗れちゃう。
ご老人たちがSuicaですーっと改札向こうに抜けてくのをみて、すげー。俺は自動改札に塞がれてるし。
来年には、SuicaでFeliCaが使えるのでFeliCa付き携帯で電車に乗れる。(関東地方)
そういえば、こないだANAのカード更新したら、Edy付きカードでそのカードで航空チケットも自宅でネット決済出来るって言ってたな~。
非常にややこしいのでまとめると、
FeliCaってのが非接触ICカード技術の総称で、いろんな清算サービスをカバーする基本技術。
簡単に言うと、リーダーにくっつけないで使えるカードの技術。FeliCa自体はソニーが開発。
Edyってのがプリペイド型電子マネーサービスの名称で、FeliCa技術を使っている。その携帯版がEdyケータイ=FeliCa携帯。EdyはソニーやNTTとかの合弁会社。チャージして再利用するテレカみたいなもの。
FeliCa技術を使った鉄道清算サービスがSuicaとICOCAで、Edyとかとは別物、でもそのうちおんなじ感じになる。ICOCAについてはEdyと似ている。(買い物もできる。)
FeliCa携帯=Suicaとして使えるのが来年。ICOCAは未定。
FeliCa携帯ってのが通称“おサイフケータイ”。今のところNTTドコモの端末にラインナップ。でも来秋にはauの携帯でもFeliCa対応される。
ということ。
ま、先立つものがない私には当分関係にない話かも。
今日勉強したことは、

  • FeliCa
  • Edy
  • Suica
  • ICOCA

全部電子決算に関係した語句でした。
来週のテストに出ますので、ここの語句を復習しておいてください。
では。

カテゴリー: 評論などなど | 2件のコメント

華氏911をみた。

華氏911
話題の華氏911(FAHRENHEIT911)をやっと見てきました。
「馬鹿で間抜けなアメリカ白人」シリーズを見ていたので、ちょっと笑えるドキュメンタリーを期待していたら、びっくり。すっごく真面目なドキュメンタリーでした。
構成や見せ所、わかりやすい解説的な描写などマイケル・ムーア監督前作品のテイストは損なわれず、イラク戦争にまで至ったアメリカの政治的な動機を描いている。(すべてがそうだとは思わないが…。)
しかしながら報道されているそのほかのブッシュ大統領のスキャンダルにも符合する。姑息なブッシュにやっぱり賛同できず。全体的にはニュース映像を再編集して、インタビューをくっつけたって感じでしょうか。
でもニュースなどで断片的な事情はなんとなく理解していたつもりだが、これだけカチッと理解したのは初めて。
反則かもしれませんが、内容をちょっとだけ(ドキュメンタリーだからネタばれなんてないのかな~?)
911テロの首謀者とされるビンラディンとブッシュ親子が個人的利害関係でつながっており(アメリカはかつてアルカイダニ援助していた事実は公だが。)今回のテロ1軒も、もみ消しに近い事実があることを前提に矛先をイラク(フセイン)に定めたということは結構ショッキングな描写だった。
上流階級の政治家は貧困層を戦争に駆り立て、軍需で関連企業が大もうけするという図式、巻末の「貧困と無知なものがその上の人間を支えている」という表現も痛く私の心をえぐった。
それをジンジャエールのカップを片手に人事のように見ている自分をなんだかむなしく感じた一方、
無知であることが、どれだけ不幸であるか、アメリカ(ブッシュ政権)に右ならえの日本人よダイジョブなのか!常任理事国入り!とか言ってるけど…。と思ったしだい。
ちょっと内容的に難しいところもありますが、一見の価値はありますぞ。

カテゴリー: 評論などなど | コメントする

チェチェン問題を調べてみる。

チェチェン共和国
9月2日におきたチェチェン独立派によるベスランの学校占拠事件。
9月7日現在の報道では300人以上が犠牲になる痛ましい事件となった。
犠牲者とそのご家族の方々へ深く哀悼の意を示し、ご冥福をお祈りいたします。
それにしても2002年10月のモスクワにおけるドゥブロフカ劇場占拠事件、8月の旅客機同時ハイジャック、そして今回の占拠事件。なぜ今こんなにもロシアでテロ事件が多発しているのであろうか?
自分の頭の中を整理するのためにも調べてみた。
上記テロにはチェチェン独立問題が大きく関係しているようだ。
チェチェン共和国は、ロシア連邦の南部連邦管区にあるイスラム教を信仰する日本の四国より小さな共和国。
18世紀、ロシア帝国に征服され、ロシア支配下に置かれたがチェチェン人の独立運動は続いていたようだ。
1987年ソ連時にゴルバチョフのペレストロイカ(政治改革)によりチェチェンは事実上の独立状態。150年ぶりにやっとチェチェン人(ザガイエフ第一書記)が、共産党によって指導者に任命された。
ソ連崩壊以降、1991年に当時のドゥダエフ共和国大統領が独立宣言をしたが、1994年ロシア軍はチェチェンへ分離独立を阻止するため大規模な侵攻を行い、10万人の死者をだした第一次チェチェン紛争を起こす。その後内戦化。
1999年4月6日、東ティモール、リキサ村。教会に避難していた2000人のチェチェン人をインドネシア軍・警察とその手先の民兵が虐殺、その同じころロシア軍は反露強硬派を討伐のためチェチェンへ侵攻し第二次チェチェン戦争が始まる。
チェチェン独立派は、イスラム原理主義勢力と結びつき過激化、モスクワ等でテロを頻発に起こすようになったようだ。
また、平和的解決を唱えたチェチェン側指導者も暗殺された。
ロシア側がチェチェンの独立運動を沈静化するために軍事を使った格好なのか。
そのほかチェチェンは北にロシア、南西にトルコ、南東にペルシャ(イラン)という、昔から強大だった3つの帝国の境界の地であり、長い間宗教問題や隣国の問題など記載はしていないが、事は思った以上に複雑だ。
なぜロシアは独立を許さないのであろうか?
日本でも北方領土問題などで一部ロシアとの緊張状態があるが、チェチェン問題もロシアの政権基盤と密接な関係があるのだろうか。ロシア連邦は連邦内の少数民族の分離独立を認めない歴史的背景もあるようだ。そのほかにも今のロシアには多くの問題を抱えている。
市民を巻き込んだテロ行為は許されるべきではないことだが、テロに走らざるを得なかった理由というものもそこにはあるのかもしれない。
近年同じような独立問題に中国の台湾独立問題やスペインのバスク独立問題(1998年沈静化)などがある。
どの独立問題にしても過去の独裁的な支配に端を発している。
現在の戦争、テロ事件の根底にはソマリア内戦やアメリカのテロ事件なども含みやはり民族間や宗教間の長い歴史の中に少しずつできた人間間のひずみのすえ起こった争い。いわば実社会の中におきる小さなイザコザや意見の対立の延長線上に、今の大きな争いがある。
日本もかつては同様な問題で争いや弾圧をしてきた歴史を持つ。
人間はみな平等であり自由であると思っているのは己だけの理想論であり、大きな流れを見れば、今だに理想とは程遠い世界に自分がいるのではないのかと感じる。
戦争やテロには賛成はできないが、大きな争いに至るまでの過程を考えると、そのような行為が完全に否定できない気がするし、またその過程を正確に理解し伝えていくことが本当に大切なことであると感じるのは私だけだろうか…。
※私の解釈が間違ってらごめんなさい。

カテゴリー: 評論などなど | コメントする

結構うまいよこれ。

ザ・すだち
あのころの君は、某大塚製薬のぽかりスエットそっくりの、
真っ青なパッケージだったね。
君に初めて会ったのは、もう十年以上前。
引越しのバイト先で”すげー怪しげなばあさん”に薦められて、
どきどきしながら飲んだあのとき。
ザ・すだち
久々に見かけた。しかも電気量販店の休憩所で。
あまりにそのストレートなネーミングとその味わいに心浮かれ、
大量に購入してしまった。
ちなみにザ・すだちのパッケージのコピーは
「ふるさと柑橘飲料。徳島産すだち果汁使用。」
”ポンジュース”といい”ザ・すだち”といい、恐るべし四国勢。
見つけたら飲んでみてください。
ネットでも買えます。

カテゴリー: 評論などなど | 1件のコメント

新型 imac

新型 imac
新型G5モデルimacが発表されたようです。
部品供給問題から、発表が遅れていましたが…。
初代imacを使ってる人はそろそろこいつに買い替え時?
にしてもMac内蔵液晶モニタって感じ。
すげ~。
個人的にはG5 ibookに期待。

カテゴリー: 評論などなど | コメントする

HP版 ipod登場!

Apple + HP iPod
うぎょ。
かねてから噂のあったHewlett-Packard(HP)ブランドのipod。
着せ替え変え可能なバージョンとなってが中身はApple製。
値段はおんなじくらいみたい。
こっちのほうが純白のApple製ipodよりも私らしいかも。
「お前を俺色に、汚してやるぜ!」みたいな…。
にしてもHewlett-Packard(ヒューレットパッカード)なんていわれても、一般の人にピンと来る人は少ないはず。
もともとは、制御機械とか精密計測器なんかを作ってたお堅い会社だったのに。
いつの間にか、家電市場に乗り込んできて、今回その目玉商品ってわけだろうけど。
Hewlett-Packardの計測器にはお世話になりました。
「これ読んで」ってぜーんぶ英語のマニュアル渡されて四苦八苦したあのころが懐かしい…。

カテゴリー: 評論などなど | 1件のコメント

ipodをゲッチュ!したけど…。in a Car編

ipod in a car
今度は先に来ていたipod専用チャイルドシートにのせて村を走ってみる。
配線の取り回しがしづっらいので、ほっとく。
どうやら、我がバス型車には不適な車載キットであったようだ。
FMトランスミッタ経由でカーステレオを鳴らす仕組み。
音的には…。カセットテープ時代の人間には懐かしさを覚えてしまう音色、
とでもいっておきましょう。
でも、CD,MDやCDチェンジャーつけるよりも便利~、マガジン番号覚える必要ないし。
ながらで聞くには最高!って思っていたのに…。
エンジン切っても電源が落ちない。
自動的にバッテリ駆動する仕様みたい。
設定で自動切換えを変えれば!ってないよ、そんな設定。
とういうか電源ってどうやって切るんだ!?
シンプルすぎて直感性にかけるインターフェース…。
いやいや、悪いところばかりじゃないです。
見てください!(写真左上)ケーブルの端子カバーに、ちゃんと線を束ねる機構が!
すばらしいデザインだ。
いつもはモールでグシャグシャってやっちゃわないところが、機能美。まさに。

カテゴリー: 評論などなど | 1件のコメント

ipodをゲッチュ!したけど…。

ipod
ipod来ました!って、もうかれこれ5日ほどたつんですけど…。
喜び勇んで、箱開けて、いきなりファイヤーワイヤー端子をずっぼっとパソコンへ差し込み、
端子がぐぐっと入っていくその感触を楽しみつつ、
事前にインストールしといたitunesから、怒涛のごとく楽曲を流し込み、
itunesの完了の合図の元にDOCKよりゆっくりとipodを抜き取る。
この間、時間にして2分少々。その中にはすでに180曲を超える音の泉ができている。
すばらしい。エレガント!エクセレント!
って言いたかったのに!
いやはや、トラブル続きで…。
ファイヤーワイヤーを差し込むと、いきなりマシンがフリーズ。
2回ほどipodを初期化、パソコンにつなぐたんびに再起動。
とほほ…。
つづく。

カテゴリー: 評論などなど | 1件のコメント
3 / 41234