Let’s SnowBoard !」カテゴリーアーカイブ

寒波到来

200501081.jpg
20050108.jpg
2005/1/8 (土)
やりやり、毎年の事ながらこの時期の寒気はすごい。
田舎方面でも雪が積もった年末からつづいているこの寒波な少々居座るそうなので、
なんとなくニンマリ。
久々に遠出しに行ってみた。
行ってみて気づく時代の流れ。走りなれた山道、いつもの抜け道に入ると。
「あ、この道除雪が入ってない。」
[冬季の除雪作業はいたしません]看板が目には入っていたけれど、冬季にせずしていつやるんだ!って突っ込みだけ入れといた。
しょうがないので大人げなく雪道に突っ込んでみる。
除雪車張りに無理やり雪道を突き進んでいたが、頂上付近であえなくリタイヤ。
スタックした車を迅速に処理していく友人たちを見ていると、
「なんだかこの人たちも手馴れてきたな~」と気づく。
そしてUターン。
何とか到着し、久々にパウダースノーを堪能してテンションもうなぎのぼり!と思ったが、一向に震えが止まらない。さむい。
あー、ついに年にはかてんがな。っと思った一日。今日はこんなもんで打ち止めだなって。
が、え、気づいてみるとウェアーの放熱用のチャックが全身全開。インナーのほうも全開。そら寒い。
体が老いたと言うよりも、脳みそが萎縮していることをはっきりと認識できた一日でした。
おしまい。
PS:写真のナイスガイはもうすぐ2児のパパになる宮G君です。

カテゴリー: Let's SnowBoard ! | 3件のコメント

夏が過ぎ、秋が過ぎ、そして雪が降る。

雪上横乗板侍 in ロッキー2003 バックカントリー
あ~、体がうずく。
1年を通して積極的に体を動かすのは冬場のみ。
夏から秋にかけてては、そりゃーまーひどい有様ですよ。
「スノーボード」
このスポーツと出会って人生が変わった。といってもいいほどのめり込んでる。
もうマル十年、このためだけに生きているとさえ思っている時期もあった。
仕事もこれのために選び、このためだけに一年を過ごす。
すべてのことを忘れ、鋭いエッジの感覚だけを頼りに地球を感じる瞬間。
重力に逆らった後、体を自由落下に身をませる瞬間。
まるで白い雲の上をちょっとふわふわと飛んでいる瞬間。
耳がキーンとなるほどの静けさの中、大気の音だけを感じている瞬間。
現代文明をあざ笑うかのような巨大な氷河の上に包まれている瞬間。
上も下もわからないほど白い世界に翻弄されてる瞬間。
すべての瞬間を鮮明に覚えているそんな感覚。
そして普段を捨てて、違う世界に紛れ込んだ気にさせてくれる。
たぶんいつもと違う自分。ビンディングを装着したとき、余分な力と、余分な悩みを捨てていく。
普段を普通に生きていれば絶対に気づくことのない世界、感じられない感覚。
これほど自分が生きているってことを実感できる時はない。
きっかけはほんの些細な誘い。そこから次第にバックカントリーへ。
— ○ — — ○ — — ○ — — ○ —
にしても最近の道具も環境もよくなった。
これで滑れないやつは山に埋もれてしんじまえ!
と言った具合によくなった。
しかしながら一時期のブームも去り、若い子もへった。
親父ボーダーが増えたが、私もそろそろその域か…。
それと、地球温暖化をすんごく肌で実感できる、地球に優しくしようと思わせてくれるスポーツなのである。
今年は豪雪でありますように~!!
今年こそ、アライマウンテンパークに行けますように。
んでどっかでヘリに乗れますように。
ばんがろっと!
告知!
スノーボードに同行される方を大募集しております。
ほとんどのメンバーが紳士淑女でレベルも少々高めですが、みんな優しい気のいいやつらなので、教えてくれますよ~。
中国、近畿地方の方。もしくは北陸方面でローカルライダーの方ご連絡くださーい!
上記以外の地方の方も大募集中ですので。楽しみましょう!
よろしくおねがいしま~す。
あ、ご連絡はこちらへ

(私と一緒に行った初心者達は大体一度は泣いてしまうのはなぜだ!気合だ!)

カテゴリー: Let's SnowBoard ! | 2件のコメント